本文へ移動

体育器具の管理について

スポーツ器具の保守点検、維持管理のご相談は和光スポーツへ!!

あなたの学校・施設の体育器具は大丈夫ですか?
学校(地域)スポーツ現場でこんな事故が発生しています!
 
〇アルミ製のバレーボール支柱が折れて重大事故
   ↓
 15年以上前のものを使用・経年劣化
 
〇サッカーゴールが強風に煽られ転倒(固定されていなかった)重大事故
   ↓
 使用法(設置)の誤り
 
〇バレーネット張り上げ時、ロープが切れた反動で支柱を巻き取っていた生徒の頭部・顎部を強打、重大事故
   ↓
 点検不足、巻取り方法の誤り
 
上記のような事故を防ぐには
①正しい知識の習得
②保守点検の実施と管理
③適切な買い替え交換
④その他
が必要です。
 
和光スポーツでは「スポーツ用器具管理アドバイザー」
「体育施設管理士」の資格を有している者が適切なご提案をいたします。
 
スポーツ用器具は頑丈だから、長~く使えるもの・・・と思っていらっしゃる方も多いのですが、体育器具には耐用年数あります。
下記に主要な器具をピックアップして掲載していますので
参考になさってください。
 
器 具
定期点検時期(目安)
標準耐用年数
バレーボール支柱 3ヶ月 2年
卓球台(天板) 3ヶ月 2年
教育用マット 3ヶ月 2年
跳び箱(頭部帆布) 6か月 2年
サッカーゴール(クロスバー) 6か月 5年
ハードル 6か月 1~3年
バスケットゴール装置 3~6か月(点検箇所による 2~8年(点検箇所による)
柔道畳 6か月 1~3年
審判台 3~6か月(点検箇所による) 2~3年
 
 

保守点検例

跳び箱帆布張替

上段・・・修繕済  下段・・・修繕前(帆布破れあり)
跳び箱の帆布が破れているので、授業が開始する前に修繕をお願いしますとのご連絡がありました。
 
帆布が破れていると、手をかけたときに手指を突っ込み怪我をする恐れがあります。
早めの補修をお勧めします。
また、緩衝材の弾性が著しく劣化している場合は、緩衝材の交換も併せてご提案しています。

ランニングマシン修繕

ランニングマシンから異音がするとのご連絡がありました。
電気系統の修繕をし、無事改善しました。
ランニングマシンなどの高度な点検・メンテナンスはメーカー等と連携して対応します。

バスケットゴール バックボードパッド交換

上段・・・修繕前  下段・・・パッド交換完了
バスケットゴールのバックボードのパッドが経年劣化し、剥がれています。
新しいパッドに交換し、落下する危険は回避でき、安全に授業ができるようになりました。

プールテント張替

上段・・・修繕前(破れあり)  下段・・・修繕後
もうすぐ水泳の授業が始まるのに、プールのテントが破損していました!! とのご連絡をいただきました。
 
納期に関しても、なるべくご要望にそえるよう迅速にご対応させていただきます。
ご相談ください。
和光スポーツ
〒852-8106
長崎県長崎市岩川町12-3
TEL.095-844-4355
2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 感染症拡大防止に伴う休業
TOPへ戻る